Visiting Hours(ヴィジティング・アワーズ)その意味とは?気になる英文・楽曲歌詞タイトル

本日は、エド・シーラン(Ed Sheeran)の4枚目のアルバム「=(イコール)」の12曲目「Visiting Hours(ヴィジティング・アワーズ)」について調査致します。

「Visiting Hours(ヴィジティング・アワーズ)」の前半「Visiting(ヴィジティング)」とは、訪問、お見舞い、などとの意味。時間を意味する「Hour(s)(アワー)」と合わせて「Visiting Hours(ヴィジティング・アワーズ)」として、面会時間、といった意味になる模様でした。
歌詞を確認すると「I wish that heaven had visiting hours(天国にも面会時間があればいいのに)」などと歌われており、個人を偲ぶイメージの楽曲になる模様でした。

[link] : Visiting Hours (song) – Wikipedia