The Taking of Pelham One Two Three(ザ・ティキング・オブ・ペラム・ワン・ツー・スリー)その意味とは?気になる英文・映画タイトル

本日は映画のタイトルを調べて参ります。
本日は地下鉄を舞台にした犯罪映画「The Taking of Pelham One Two Three(ザ・ティキング・オブ・ペラム・ワン・ツー・スリー)」について調査致します。
「The Taking of Pelham One Two Three(ザ・ティキング・オブ・ペラム・ワン・ツー・スリー)」の前半「Taking(テイキング)」とは、取る、つかむ、捕らえる、などとの意味の「Take(テイク)」の現在形で、名詞になると、所得、売上額、捕獲高、などとの意味になるとの事。後半の「Pelham One Two Three(ペラム・ワン・ツー・スリー)」とは、映画に登場する地下鉄の車両名になる模様で、合わせて直訳すると、ペラム123号車からの捕獲高、といったイメージになる模様。
ちなみに邦題では「サブウェイ・パニック」とされていたとの事。

なるほど、メモメモ。

[link] : The Taking of Pelham One Two Three (1974) – Joseph Sargent | Synopsis, Characteristics, Moods, Themes and Related | AllMovie