Subway to Venus(サブウェイ・トゥ・ヴィーナス)その意味とは?気になる英文・楽曲歌詞タイトル

本日は気になる英文、楽曲の歌詞・タイトルを調べて参ります。
本日は、レッド・ホット・チリ・ペッパーズ(Red Hot Chili Peppers)略してレッチリの4thアルバム「Mother’s Milk(マザーズ・ミルク)」の3曲目「Subway to Venus(サブウェイ・トゥ・ヴィーナス)」について調査致します。

「Subway to Venus(サブウェイ・トゥ・ヴィーナス)」の前半「Subway(サブウェイ)」とは、地下鉄、または、地下道、との意味で、後半の「Venus(ヴィーナス)」とは、ローマ神話に登場する女神ヴィーナス、との意味のほか、絶世の美女、または、金星、との意味でもあるのだそうで、合わせて直訳すると、地下鉄で女神へ、金星行きの地下鉄、といった意味になる模様。
歌詞を確認すると、抽象的な内容でハッキリ意味が分かりませんが「Space is king or so I sing, subway to venus」などと、宇宙に関連した内容になるので、女神ではなくて金星との意味になるのかと勝手に解釈しました。

なるほど、メモメモ。

[link] : Mother’s Milk – WikipediaMother's-Milk