Rubber Soul(ラバー・ソウル)その意味とは?気になる英文・楽曲歌詞タイトル

本日は気になる英文、楽曲の歌詞・タイトルを調べて参ります。
本日は皆様ご存知、ビートルズ(The Beatles)の6thアルバム「Rubber Soul(ラバー・ソウル)」について調査致します。
「Rubber Soul(ラバー・ソウル)」の前半「Rubber(ラバー)」とは、ゴム、消しゴム、などとの意味。後半の「Soul(ソウル)」とは、魂(たましい)、霊魂、精神、心、感情、などといった意味で、合わせて直訳すると、ゴムの魂、とちょっと意味がハッキリしませんが、更に調べてみると、基本的には、ゴム製の靴底を意味する「Rubber sole(ラバー・ソウル)」をモジったタイトルになる模様で、「Soul(ソウル)」は当時流行していた「Soul Music(ソウル・ミュージック)」から、音楽、との意味で使われているとの事。ゴムのようにどんな形にも変化する音楽との意味になる、との説や、当時同じく人気のあったローリング・ストーンズのミック・ジャガーが、とあるブルース奏者から、「Plastic Soul(プラスチック・ソウル)」= 偽物のソウル、と言われた事に由来して、それじゃあプラスチックより柔らかなゴムだ、という事で、「Rubber Soul(ラバー・ソウル)」となったとの話など目にしました。

なるほど、メモメモ。

[link] : Rubber Soul – Wikipedia