Jack the Giant Slayer(ジャック・ザ・ジャイアント・スレイヤー)その意味とは?気になる英文・映画タイトル

本日は映画のタイトルを調べて参ります。
本日は有名なイギリスの童話を基にしたファンタジー映画「Jack the Giant Slayer(ジャック・ザ・ジャイアント・スレイヤー)」について調査致します。
「Jack the Giant Slayer(ジャック・ザ・ジャイアント・スレイヤー)」の「Jack(ジャック)」は物語の主人公の名前。続く「Giant(ジャイアント)」とは、ギリシャ語で「巨大な人」との意味の語句に由来した英語で、大男、巨大なもの、巨人、などとの意味で、続く「slayer(スレイヤー)」とは、殺害する、殺す、との意味のほか、スラング・口語では、人を爆笑させる、といった意味でも使われる「Slay(スレイ)」に「-er」がついて「slayer(スレイヤー)」とした語句になるとの事。合わせて直訳すると、巨大をやっつけるジャック、となる模様。
ちなみに邦題では「ジャックと天空の巨人」とされていた模様。

なるほど、メモメモ。

[link] : Jack the Giant Slayer (2013) – Bryan Singer | Synopsis, Characteristics, Moods, Themes and Related | AllMovie