Dazed and Confused,(ディーズ・アンド・コンフューズド)その意味とは?気になる英文

昨日に引き続き、レッドツェッペリンのファーストアルバムからタイトルの意味を調べてみたいと思います。

本日はファーストアルバムの4曲目、「Dazed and Confused,」。早速調査開始です。

初めの「Dazed」とは「ディーズ」と読んで、「Daze」の過去形になり、呆然とする、目をくらまさせられる、との意味になるとの事。後半の「confused」とは「コンフューズド」と読んで、混乱、ごちゃごちゃ、困惑した、との意味になるとの事。合わせると、呆然と混乱、とのイメージになる模様です。

ちなみに邦題は「幻惑されて」と命名させているのですね。また調べてみると、アメリカ人のJake Holmes(ジェイク・ホルムス)さんなるアーティスト様が1967年に同名の楽曲をリリースしており、盗作疑惑で裁判になったのだとか。結果はツェッペリン側の勝訴だったとの事。
なるほどコチラも初耳でした。メモメモ。

[link] : 幻惑されて – Wikipedia