Any Time at All(エニー・タイム・アット・オール)その意味とは?気になる英文・楽曲歌詞タイトル

本日は気になる英文、楽曲の歌詞・タイトルを調べて参ります。
本日は皆様ご存知、ビートルズ(The Beatles)の3rdアルバム「A Hard Day’s Night(ア・ハード・デイズ・ナイト)」の八曲目「Any Time at All(エニー・タイム・アット・オール)」について調査致します。
「Any Time at All(エニー・タイム・アット・オール)」の前半「Any Time(エニー・タイム)」とは、いつでも、何時でも、などとの意味。後半の「at All(アット・オール)」とは、すべて、全くもって、などとの意味。合わせて直訳すると、どんな時でも、といった意味になるとの事。
歌詞を確認すると「Any time at all, all you’ve gotta do is call and I’ll be there」= どんな時でも、君から電話があればすぐに行くよ、などとの意味で歌われている模様。

なるほど、メモメモ。

[link] : Any Time at All – Wikipedia