The Last Temptation of Christ(ザ・ラスト・テンプテーション・オブ・キリスト)その意味とは?気になる英文・映画タイトル

本日は映画のタイトルを調べて参ります。
本日はマーティン・スコセッシ監督のアメリカ映画「The Last Temptation of Christ(ザ・ラスト・テンプテーション・オブ・キリスト)」について調査致します。
「The Last Temptation of Christ(ザ・ラスト・テンプテーション・オブ・キリスト)」の前半「Last(ラスト)」とは、最後、週末、終わり、などとの意味。続く「Temptation(テンプテーション)」とは、誘惑、心が引き付けられるもの、悪い誘い、などとの意味。最後の「Christ(キリスト)」とは、キリスト教の「Jesus Christ(ジーザス・クライスト)」で、イエス・キリストの意味になるとの事。合わせて直訳すると、キリストの最後の誘惑、との意味になる模様。
ちなみに邦題では「最後の誘惑」とされていたとの事。

なるほど、メモメモ。

[link] : The Last Temptation of Christ (1988) – Martin Scorsese | Synopsis, Characteristics, Moods, Themes and Related | AllMovie