Ngiculela – Es Una Historia – I Am Singing(ナイクレラ – エス・ウナ・ヒストリア – アイ・アム・シンギング)その意味とは?気になる英文・楽曲歌詞タイトル

本日はアメリカの著名ミュージシャン「Stevie Wonder(スティーヴィー・ワンダー)」のアルバム「Songs in the Key of Lifeソングスインキーオブライフ)」の収録曲、「Ngiculela – Es Una Historia – I Am Singing(ナイクレラ – エス・ウナ・ヒストリア – アイ・アム・シンギング)」について調べて参ります。

「Ngiculela – Es Una Historia – I Am Singing(ナイクレラ – エス・ウナ・ヒストリア – アイ・アム・シンギング)」の先頭の「Ngiculela(ナイクレラ)」とは、南アフリカの公用語、ズールー語で、私は歌う、との意味になるとの事。続く「Es Una Historia(エス・ウナ・ヒストリア)」とは、スペイン語で、ひとつの歴史、との意味。最後の「I Am Singing(アイ・アム・シンギング)」とは英語で、私は歌う、との意味。歌詞を確認すると、各国の言語で歌われている世界平和を願う内容になる模様でした。
ちなみに邦題では「歌を唄えば」とされていたとの事。

[link] : Songs in the Key of Life – Wikipedia