Faubourg 36(フォーブル 36)その意味とは?気になる英文・映画タイトル

本日は映画のタイトルを調べて参ります。
本日はフランス・ドイツ・チェコ合作のシャンソン映画「Faubourg 36(フォーブル 36)」について調査致します。
「Faubourg 36(フォーブル 36)」の「Faubourg(フォーブル)」とは、フランス語で、郊外、街外れ、などとの意味になるとの事。「36」とは、街外れの36番地、などとの意味になるのかと思いましたが、1936年のフランス・パリの下町を舞台にした映画との事で、西暦の年の事になるのかとイメージしました。
ちなみに邦題では「幸せはシャンソニア劇場から」と、物語に登場する劇場の名前になっているとの事。

なるほど、メモメモ。

[link] : Paris 36 (2008) – Christophe Barratier | Synopsis, Characteristics, Moods, Themes and Related | AllMovie